top

 

 スポンサードリンク

沖縄土産「ちんすこう」

沖縄の有名なお土産品といえば「ちんすこう」ですが、その起源は15世紀頃の琉球王朝にあります。当時は「ちんるいこう」という中国風蒸しカステラのことで、現在のような焼き菓子になったのは明治時代に入ってからです。
王朝時代は、貴族しか手に入れることができないような高級なお菓子だったので、その名前も「金(高級な)すこう(お菓子)」または、「珍(珍重された)すこう(お菓子)」の2つの説に由来します。

現在では、ちんすこうは沖縄の代表的なお土産として、誰でも食べられるようになりましたが、今でも伝統菓子として伝えられています。そんなちんすこうは、家庭でも作ることができます。それでは、「ちんすこう(プレーン味)」(約10個分)のレシピを紹介します。

1、ラード50g(またはショートニング)は、室温に戻しておきます。薄力粉100gは振るっておきます。

2、ラードをボウルに入れて、ゴムベラでクリーム状になるまで練り、上白糖50gを加えて、均等に混ざり合うまで練ります。

3、振るった薄力粉を加えてよく混ぜ合わせ、まとまってきたら、しっかりと手でまとめます。

4、オーブンを予熱200℃に温めておきます。その間に、生地を3cmくらい球状に丸めて、手の平で暑さ約1.5cmにつぶしたら、オーブンシートを敷いた天板に並べていきます。

5、約200℃に温めたオーブンで、約20分焼き上げたら完成です。

ちんすこうの生地は、水分をあまり含んでいないため硬めで、成形しにくいかもしれません。成形前に、よく手で練り上げておくと、成形しやすくなります。



アドバンス・プロ


  


「青パパイヤ」を使った料理

沖縄では、実が熟す前の青パパイヤを、野菜として食べます。パパイヤは、ビタミンA・Cやカロチン、鉄分が豊富に含まれ、風邪や便秘、貧血の予防に効果的です。また、「パパイン」というたんぱく質分解酵素は、脂肪分解作用があるので、ダイエット効果も期待できます。

それでは、沖縄料理「青パパイヤチャンプルー」(4人分)のレシピを紹介します。

1、青パパイヤ中1個は、縦2つに割って、種を取り除き、皮をむいたら、千切りにします。

2、にら1/2束は、水で洗って、3、4cmの長さに切ります。

3、フライパンを熱してサラダ油適量を敷き、パパイヤを入れて、塩少々で味付けをし、かつおだし少々を加えて炒めます。途中でふたをして、蒸し焼きにしても良いです。

4、最後にかつおぶし適量を加えて、鍋肌からしょうゆを垂らしたら、よく混合わせます。火を止める直前に、にらを加えて混ぜたらできあがりです。

次は、「青パパイヤのサラダ」(4人分)です。

1、青パパイヤ1個は、縦2つに割って種を出し、皮をむいて千切りにし、茹でてざるに上げて水気を切ります。ゴーヤーは輪切りにして種を取り、サッと茹でてざるに上げておきます。ミニトマトはくし切りにします。

2、ベーコン3枚は、細かくみじん切りにして、フライパンでカリカリになるように炒めて、油を切っておきます。

3、サラダ菜は水洗いしたら水気を切り、器に敷きます。そこへ、パパイヤ、ゴーヤー、ミニトマトを盛り付け、ベーコンを散らします。お好みのドレッシングをかけたら完成です。

パパイヤを選ぶときは、ツヤが表皮にあるものよりも、ツヤがないものの方が新鮮です。また、表面を触ってみて、ツルツルとしたものよりも、シワのあるものを選びましょう。



桐蔭横浜大学大学情報センター(図書館)


  


「ドゥルワカシー」とは?

「ドゥルワカシー」とは、沖縄名産の「田芋」を使用した料理です。変わった名前のこの料理は「泥沸かし」という意味です。田芋を煮ると、まるで泥を煮ているかのように見えることから、このような名前が付いたそうです。こんな名前ですが、食べてみると、とってもおいしいです。さまざまな素材からだしが出て、泡盛との相性もとても良い一品です。

また、田芋の特徴として、小芋が親芋の周辺にたくさん付くので、“子孫繁栄”を象徴するおめでたい食材として、祝い事にドゥルワカシーが出されます。

作り方は、田芋と水にさらしてアクを取った芋茎を、豚肉や椎茸などの具材と炒め合わせて、だしを加えてねばりが出てくるまで煮て、田芋をつぶしながら練ります。

家庭によって違ってくるのは、使用する油とだし、そして味付けです。炒めるときは、サラダ油やラードを使用し、だしはかつおだしや豚の煮汁を使い、味付けはしょうゆや塩など、それぞれの家庭によって味が違ってきます。また、田芋の代わりに、里芋でも作ることができます。

さらに「ドゥル天」という、油でドゥルワカシーを揚げたものは、おやつやおつまみにおすすめです。それでは、「ドゥル天」(1人分)のレシピを紹介します。

1、ドゥルワカシーを1個30gの丸形になるように手で丸めます。

2、衣(かたくり粉20g、タピオカ20g、水100cc)を付けて、丸めたドゥルワカシーを揚げて、表面がこんがりとキツネ色になったら完成です。



maneo(まねお)


  


沖縄のおやつ「ポーポー」と「チンビン」

「ポーポー」とは、中国から伝わった沖縄の伝統的なお菓子です。クレープのような薄く焼いた皮の中に、アンダンスー(油味噌)を入れて、巻いた料理です。一方、「チンビン」は、溶かした黒糖を小麦粉に加えて、薄く焼いた皮を巻いただけのもので、中には何も入れません。

それでは、「ポーポー」(12枚分)のレシピを紹介します。

1、豚肉100gは、かたまりごと茹でて、みじん切りにします。

2、油みそを作ります。サラダ油をフライパンに熱して、豚肉を炒めます。肉に火が通ったら、甘味噌200gと砂糖大さじ3を加えて炒め、しょうがのみじん切り小さじ1を混ぜ合わせます。

3、皮を作ります。小麦粉2カップとベーキングパウダー小さじ1を振るってボウルに入れ、水1と3/4カップを加えて、泡立器で混ぜ合わせます。ダマにならないように、こし網に通します。

4、フライパンを熱して油を薄く敷き、たねを流して、薄く丸くのばして焼きます。表面が乾いてきたら、裏返して軽く焼きます。

5、焼けた生地をまな板の上に広げて、油みそをのせたら、手前からゆっくりとクルクルと巻いていきます。

次は、「チンビン」(12枚分)のレシピです。

1、小麦粉3カップとベーキングパウダー小さじ1を振るっておきます。

2、黒砂糖2カップと水3カップを火にかけて溶かし、布巾で汁をこします。

3、小麦粉に2の黒蜜3カップを加えて混ぜ、こし網に通します。

4、熱したフライパンに薄くサラダ油を敷き、たねを流し入れたら、薄くのばして焼きます。穴がプツプツと出てきたら、裏返して軽く焼きます。

5、まな板に出して、クルクルと手前から巻いたら完成です。



岩瀬惠子 - Keiko Iwase Official HomePage


  


「豆腐よう」とは?

「豆腐よう」とは、豆腐を、泡盛や紅麹などを使用した漬け汁に、長い期間漬け込んで、発酵と熟成をさせた発酵食品です。琉球王朝時代から、上流の貴族の間で、高級食材として珍重されていました。

豆腐ようは、ウニに似た風味と、チーズのような舌触りをしており、濃厚で上品な味わいです。中でも、那覇市の株式会社あさひが製造している「紅あさひの豆腐よう」は、良質の紅麹を使用しており、大豆の臭さもなく、風味豊かな味わいを楽しむことができます。

泡盛との相性がバツグンで、焼酎やビールのおつまみとしてもおすすめです。さらに、チーズのような風味なので、ワインと一緒に食べてもよく合います。また、豆腐ようを料理の具材として使用することもあります。

それでは、豆腐ようを使ったおすすめの料理「豆腐ようのパスタ」のレシピ(2、3人前)を紹介します。
1、豆腐よう90gは、汁気をよく切ってボウルに入れます。そこへ、すったピーナッツ30gと白煎り胡麻30gを加えて、よく混ぜ合わせたら、塩で味付けします。

2、にんじんは、皮をむき細切りにして、絹さやは筋とへたを取って、塩を入れた熱湯で、それぞれサッと湯通しします。島らっきょうは、葉と根元を取り除いて、細切りにします。

3、スパゲティ200gをたっぷりのお湯で茹でて、オリーブオイル少々を振っておきます。

4、フライパンを熱し、オリーブオイルを入れて、軽く野菜を炒めます。塩少々を振ったら、スパゲティを入れて炒め合わせます。1のソースを入れてよくからめ、塩・コショウ少々で味を調えます。お好みにより、豆腐ようの漬け汁をかけてください。



岩瀬惠子 - Keiko Iwase Official HomePage


  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
カテゴリ
Mobile向けサイトはこちら